カードローンの概略

カードローンとは

まずはカードローンとはどのようなものかというと、テレビのCMでお馴染みのアコムなどの消費者金融や銀行などが発行しているキャッシング専用のカードを用いて、ATMからお金を借りることを言います。

従って、クレジットカードを用いてお店などから分割払いで商品を購入することとは区別するようですが、厳密な線引きなどはないようにも思えます。

例えば、クレジットカードで商品を購入して、その後商品代金をローンで毎月返済していく場合にもクレジットカードローンと言えます。 そしてクレジットカードにおいても、キャッシング機能の付いたカードもありますので、そうしたクレジットカードでお金を借りることも可能にはなっているようです。

ちなみに私も楽天のクレジットカードを持っていますが、このカードにも30万円以内ならばキャッシングも可能になっています。 こうしたクレジットカードの場合には、商品を購入した代金の決済機能がある上に、キャッシング機能も付属しているということになります。

一方キャッシング専用のカードの場合には、お金を借りるといったキャッシングの機能はあるものの、お店で商品を購入する際に商品代金を立て替えて支払うといった決済機能はないということにもなります。

それならば、キャッシング用のカードよりもどちらの機能も付いているクレジットカードの方が便利ということになるのかもしれませんが、クレジットカードにおまけのようにして付属しているキャッシング機能の場合、金利が割高になっていることが多いようです。
その上、キャッシング専用のカードローンの場合には、30万円どころかもっと大きな金額のキャッシングなども契約次第では可能にもなります。

ただし何年か前には、消費者金融会社からのお金の借入れの返済取立てが厳しいということで、自殺者などが出たこともあり銀行を除いた消費者金融機関などからの借入れの場合に関しては、2010年に賃金業法が改正されて年収の3分の1以内しか借入れが出来ないようになりました。

こうしたお金の借入れに関する規制を総量規制と言うのですが、お金を借りる際の規制が出来た分だけ拘束されたような感もありますが、少なくとも借金で首が回らなくなって自殺をするといったリスクは減るのではないかと思います。

とにかく、収入分から生活費を差し引いた金額以上の借金は、しない方が身のためということでしょうね。

 

 

ページトップへもどる

© 2014 カードローンについて考えよう. All rights reserved.